CLOSE

OHISの概要

[ OHISとは ]

  1. HOME
  2. OHISとは
  3. OHISの概要

OHISは、Oral Health Information Suiteの略。
お口の健康に関する情報を過去・現在・未来を通して提供します。

元ワシントン大学歯学部教授のロイ・クリストファー・ペイジ先生を中心に、アメリカの歯周病専門医グループと
PreViser社が10年もの歳月をかけて開発した、「歯周病のリスク評価」を行なう世界で初めてのソフトウェア。

OHIS開発者のひとり、ロイ・クリストファー・ペイジ先生OHIS開発者のひとり、ロイ・クリストファー・ペイジ先生

収集した情報を入力するだけ

歯科医院ですでに収集している情報をパソコンに入力するだけで、患者さん一人ひとりのリスク評価が提供されるシステムです。
膨大な疫学データから導き出されるリスク評価は、セカンドオピニオンのように客観的に、
いま現在の状態を正確に提示するだけでなく、将来どれくらい歯周病になりやすいのかを示してくれます。

レポートのサンプルを下記よりご覧いただけます。

患者レポート

クリニカルレポート

未来・現在・過去を“見える化”

OHISは、歯周病のリスクと症状を未来・現在・過去にわたって視覚的に知ることができるので、
患者さんが“自分のこと”としてとらえることができます。

  1. 未来

    歯周病のなりやすさを1~5段階で評価

    歯周病のなりやすさを1~5段階で評価

  2. 現在

    今の病状を1~100の数字で評価

    今の病状を1~100の数字で評価

  3. 過去

    初診時からどのように変わっているか

    初診時からどのように変わっているか

    ※2回以上リスク評価した場合に表示されます。

専門家でも難しい「隠れリスク」を
早期に把握

見た目では分からないリスク(歯周病のなりやすさ)がグラフで表示されるため、
早い段階でリスクを把握でき、適切な対策を講じることができます。

見た目はキレイな口見た目はキレイな口
グラフ

歯周病リスク評価 OHISとはOHISとは

なぜ、OHISが開発されたのか?なぜ開発されたのか?

TOP