CLOSE

初めての方へ

[ OHISとは ]

〜 歯周病リスク評価ソフト『OHIS』について 〜

  1. HOME
  2. OHISとは
  3. 初めての方へ

歯周病リスク評価ってなに?

患者さん一人ひとり異なる“歯周病のなりやすさ”を評価するソフトウエアです。
歯周病の“なりやすさ”だけでなく、今の状態を一目で分かりやすく表示してくれるため、
患者さんは自分の状態を客観的に見つめることができます。

歯周病リスク評価で何がわかるの?

歯周病のリスクと症状を、未来・現在・過去にわたって視覚的に表示します。

  • 未来

    歯周病のリスク

  • 現在

    病状、健康な状態と
    あなたの状態の比較・分析

  • 過去

    過去のリスク評価の履歴

上記に加え、推奨される介入方法やメインテナンスの間隔などを膨大な疫学データから抽出・提示します。

どうやって歯周病リスク評価するの?

  • OHISをダウンロード・インストールする
  • OHISを起動させる
  • 患者情報を入力する
  • 問診票・歯周組織検査表・デンタルから8項目該当する箇所をクリックする
  • 「完了」をクリックする
  • 30秒ほどで患者レポートが届く
  • ※入力は、慣れてくると5分程度で終わります。
  • ※①のダウンロード・インストールは、環境によって異なりますが15分程度で終わります。

歯周病リスク評価の結果を効果的に伝えるには?

OHISのレポートは、そのまま解説するのではなく効果的に質問を加えることで患者さんの関心を高めていきます。
歯周病は、どこか他人事になりやすい疾患。気づきにくいというのがより一層“他人事”の印象を強めてしまうため、
積極的に「私はどうなのか?」と自分のこととして考えてもらうアプローチが大切です。

TOP